加齢臭の原因って?

加齢臭の原因は、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことでできる「ノネナール」という物質です。

 

中高年になると脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加し、ノネナールも必然的に増えてしまいます。

 

そのため、加齢臭が発生しやすくなるのです。

 

そして、加齢臭を悪化させる原因は、大きく分けて2つあります。

 

・乱れた生活習慣
・ストレス

 

生活習慣が乱れると皮脂が大量に分泌されてしまうので、ノネナールの発生量も増加してしまうでしょう。

 

栄養バランスの悪い食事をしている方や、睡眠不足の方、運動不足の方は、ノネナールがどんどん増えてしまうため、加齢臭が悪化します。

 

加齢臭を抑えるためにも、規則正しい生活習慣を意識してください。

 

それに、ストレスが蓄積されると過酸化脂質の分泌量が増えてしまい、ノネナールの発生量も増えます。

 

つまり、ストレスを軽減させることも加齢臭対策には必要なのです。

 

加齢臭に悩まされている方は、何が原因で悪化させているのかを考えてみてください。