口が臭い原因って?

口が臭い原因は、大きく分けて4つあります。

 

・唾液が少ない
・口内が不衛生
・虫歯や歯周病
・アルコールやタバコ

 

唾液には殺菌作用があり、口内の細菌の繁殖を抑制してくれる働きがあります。

 

その唾液が少ないと細菌が増殖してしまい、口臭を発生させてしまうというわけです。

 

それに、口内が不衛生だと口が臭くなるので、しっかりと歯を磨いてください。

 

歯を磨かないと食べかすが腐敗してしまい、口から嫌な臭いを発生させます。

 

また、虫歯や歯周病といった歯の病気を放置していると、口内が不衛生になってしまい、口が臭くなるでしょう。

 

それから、アルコールやタバコは臭いが強いので、歯を磨かないとなかなか口臭を抑えることができません。

 

口が臭い原因は、主にこの4つだと思ってください。

 

口が臭いと感じた場合、まずはきちんと歯を磨けているかどうかチェックするのがオススメです。

 

また、アルコールやタバコの量を減らしたり、止めるという選択肢もあります。

 

もし、歯に異変を感じた場合は、すぐに歯科医院に行き、治療を行うようにしてください。