足が臭い原因って?

足が臭い原因は、主に4つ考えられます。

 

・汗と雑菌
・ストレス
・食事
・水虫

 

汗と雑菌が混ざり合うことで、足が臭くなります。

 

特に、靴を一日中履いている人は汗が大量に出るので、雑菌が大量に繁殖してしまい、強い臭いが発生するでしょう。

 

また、ストレスを過剰に受けると自律神経が乱れてしまい、汗を大量にかくため、その汗と雑菌が混ざり合い、臭いを発生させます。

 

それに、動物性タンパク質や糖質が多い食べ物を食べすぎると皮脂が大量に分泌されますし、汗もかきやすくなります。

 

皮脂と汗を大量に分泌すると雑菌も増えて、足から嫌な臭いを発生させてしまうのです。

 

さらに、水虫になると悪臭が発生するので、注意が必要です。

 

水虫は、足にカビの一種でもある白癬菌という菌が住み着くことで発症します。

 

水虫は悪臭だけではなく、激しい痒みも伴い、生活に支障をきたすこともあるので、早めに治療をした方が良いでしょう。

 

もし、水虫かもしれないと感じた場合は、皮膚科の医師に相談するのが一番です。