鼻が臭い原因って?

鼻が臭い原因は、大きく3つに分けることができます。

 

・角栓
・蓄膿症
・内臓の病気

 

角栓というのは、鼻の毛穴に詰まっている皮脂の塊のことです。

 

鼻の外側から臭いを感じる場合は、この角栓が原因だと考えられるので、皮膚科に行き、角栓を除去してもらいましょう。

 

また、スキンケア商品を使用して、自分で除去する場合は、皮膚を傷つけないように注意してください。

 

鼻の中から臭いがする場合は、蓄膿症の可能性があります。

 

蓄膿症というのは、鼻炎が悪化したもので、場合によっては手術が必要となります。

 

黄色のドロドロした鼻水が出る場合は、蓄膿症の可能性がありますから、医師に相談してください。

 

それに、内臓の病気が原因で、鼻が臭く感じる場合もあり、代表的な病気は糖尿病や胃の疾患です。

 

この場合、まずは原因である病気を治療しないといけないので、内臓に病気を抱えていないか検査された方が良いでしょう。

 

鼻が臭いと感じる時は、まずどこからその臭いがきているのかを確認することが大切です。